エレファントストーンのこだわり

1か月3社様のみお受けする弊社のこだわり

現役の映画監督・スタッフが制作

エレファントストーンの撮影・制作スタッフは、その大半が普段から映画作りに携わっています。映画作りにおいて常に求められるのは、「表現したいテーマを、ストーリーに置き換え、それを映像で表す力」。
それは映画という物語のみならず、実は映像制作の本質そのものであると言えます。
会社や商品といった訴求すべき項目があり、それが最も効果的に伝わるための表現手法・設定・構成を考え抜き、画面の美しさや演技・言葉の自然さを大事にしながら撮影、一コマ単位のタイミングにこだわり、コンセプトに合ったテロップやエフェクトを組み合わせて編集する。
そのように作り上げられる弊社の映像は、広告としてのみならず、一つの作品として面白いと思えるような、魅力ある映像を目指します。

弊社スタッフが制作した自社制作映画の情報はコチラ

左脳も使う

「左脳」が論理、「右脳」が感性を司る、という俗説があります。映像というと、表現力やアイディア的なニュアンスで「右脳」を使うイメージが強いですが、実は「左脳」的な論理性が、「右脳」と同様かそれ以上に重要だと考えています。
映像を作る側が、映像を通して本当に伝えたいことは何なのか。
そしてどんな表現を用いれば最も効果的に伝えられるのか。
「左脳」を駆使した論理展開を踏まえてのご提案を致します。

クラウドソーシングを使わない

現在、「○○万円から」という安価な映像制作を謳っている多くの会社が活用しているのが「クラウドソーシング」。
実際の制作作業を、案件ごとに毎回異なる国内外のフリーランスに委任する方法です。
しかし、本当に価値のある映像を作るためには、綿密なヒアリングと打ち合わせ、そして制作チームの連携が必要不可欠です。
弊社は少数精鋭のチームで一貫した制作体制を構築し、より高品質な映像制作を追求します。

映像制作事例

お問い合わせ

TEL

TEL:03-6712-7864
(平日:10:00~18:00)
担当者:伊藤

MAIL

 
365日:24時間

映像制作での 「お悩み」「ご不明点」「ご相談」「お見積り」 は、お気軽にご連絡下さいませ。