用語集(あ行)

あ行

アイカップ
ファインダー部分に取り付ける接眼部品のこと。
アイリス
レンズの絞りのこと。
アイレベル
目線の高さから撮影すること。
あおる
カメラを上向きにして撮影すること。
明かり(あかり)
撮影用の照明のことを指す。
アクションつなぎ
次の動作が自然に繋がるようにカットを編集すること。
上げ下げ(あげさげ)
MAの際、吊り込んだ音をずらす作業のこと。「上げる」は音を先行させることで、「下げる」はその逆。
足(あし)
三脚のことを指す。ライトスタンドのことをいう場合もある。
アシスタントディレクター
放送・映画業界等における、演出部の職種。 演出部のチーフであるディレクターの下に位置する。 演出補・演出助手・演出補佐などと呼ばれることもある。
アスペクト比
画面や映像の縦横比のこと。
アップショット
人物の肩から頭くらいを撮影するサイズ。
当てる
(1)被写体にライトの光を当てることをいいます。
(2)選曲の場合などに、映像と曲の雰囲気が合うか同時に流してみることをいいます。
(3)アフレコや映画の吹き替えで、セリフを口に合わせながらしゃべることをいいます。
アテレコ
外国語作品における日本語吹き替えや、アニメーションに声優がセリフを録音すること。
後ピン
被写体よりも後ろ(奥)にピントが合っている状態のこと。
アドリブ
即興のことをいいます。
アニメーション
(1)コマ撮りされた実写映像。
(2)コンピューターや手描きで作られた動画。
アフレコ
撮影した映像に後からナレーションなどの音声や効果音を収録する作業のこと。
甘い
(1)ピントが少しずれている状態。
(2)シャープな映像が撮れないレンズ。
(3)取り付け部分のゆるみや、ねじの締め付けがゆるい様。
ありもの
(1)特に作ったものではなく、あり合わせのものの意味。一般には広く大道具・小道具などで特別注文の制作によらず在庫しているもの。
(2)撮影済みのVTR、撮影または現像済みのファイルや使用済みで保存してある素材等を指す。
RGB
赤・緑・青の光の三原色のこと。
アングル
被写体に対するカメラの角度。
アンダー
露出不足のこと。
アンバーフィルター
照明機材の色温度を下げる為に使う琥珀色のフィルター。

板付き
画面の中に最初から登場人物がいること。
移動車
(1)移動しながら撮影を行なうための台車。ドリー。レール。
(2)ロケ車両。
移動ショット
カメラが移動しながら撮影すること。
イマジナリーライン
想定線と呼ばれ、「撮影を行う時にはイマジナリーラインを超えるな!」という鉄則がある。例えば二人の人物が対話している時、その二人を結んだ延長線上がイマジナリーラインである。このイマジナリーラインを超えると左右が反転してしまい、視聴者に混乱を与えてしまうので、通常はこのラインを超えて撮影してはならない、という撮影技術についての用語。
色温度
光源の色を表す絶対値のこと。
インサートカット
繋がりのある映像の中に挿入をするカットのこと。
インサート編集
撮影がすでにされている映像の一部分を、他に録画をされている映像に差し替えること。
イントレ
映像を高い位置から撮影するため、鉄パイプなどで作られた組み立てやぐら。
イントロダクション
映像作品の導入部分。冒頭部分。

ウインドスクリーン
マイクに取り付ける風防。
ウエイト
照明スタンドなどを固定するために砂袋などで重りにすること。
ウエストショット
カメラで人物を撮影するときのサイズを表す言葉でウエストつまり「腰」から上を写すことを示す。
内トラ
現場のスタッフがエキストラをすること。
うるさい
被写体以外の余計なものが写り込んでいる状態や画面全体がごちゃごちゃしていて視点が定まらない状態のこと。
雲台
三脚の上部につけ、カメラを載せる部分。

映像のことを指す。
映倫
正式名称は、映画倫理監視委員会。 劇場用映画を国内の映画館で上映するにあたり青少年の健全育成を基に性的シーンや暴力シーンの表現を規制する映画倫理機構。
映像
(1)静止画を含む画像すべて。
(2)動画。この場合、静止した映像は「静止画」「スチル」などと呼ぶ。
画コンテ
台本を元に撮影をする映像のイメージを事前にイラストなどで表現したもの。画コンテ上には美術セットのイメージ、役者の芝居の動き、カメラワークなどの撮影に必要な情報が書き込まれる。
エキストラ
セリフなどはないその他大勢の登場人物で、通行人などのことをいう場合が多いです。
エキストラカット
撮影現場の判断で追加で撮影されたカット。
SE
「Sound Effect」の略。効果音。
エスタブリッシングショット
シーンの冒頭で、場所の状況や出演者の位置関係を認識させるためのショット。
エピローグ
物語の終わり部分。終末。
エフェクト
映像や音声に何らかの効果を加えること。
Fナンバー
レンズの明るさや、絞り値を表す単位。「F値」とも言う。
演出
撮影現場や映像制作などの作業を統括して指示を出すこと。
エンドロール
映画や番組の最後にキャストやスタッフの名前を文字で一覧表示するテロップ。

応援
人出が足りない時に雇う、臨時のスタッフ。
大道具
テレビ・舞台で主として背景を構成したり、必要に応じて簡易的な家屋などの建築もする。
押さえ
(1)キーライトによってできた暗部を柔らかな光で明るく補う照明をすることを言う。
(2)音量や発声を小さめにすること(音量を押さえる)にも使う。
押す
撮影・収録などの時間が予定より遅れること。
音完パケ
ミキシングして仕上がった音。
オーバー
露出オーバー。明るく写り過ぎる、あるいは画面が真っ白になる状態。
オープン
屋外撮影のこと。
オープンセット
屋外で撮影するときに建てるセット。
オフ
(1)主に音声が入らない状況または、故意に音を入れない事。
(2)撮影の画の中から被写体を外に出す・外にある状況のこと。
オムニバス
複数の物語で構成された作品のこと。
オンエア
放送を開始する、もしくは放送中のこと。
音声
(1)セリフやナレーション、SE・音楽等、映像に関わる音の総称。
(2)録音関係を扱う部門、スタッフ。

お問い合わせ

TEL

TEL:03-6712-7864
(平日:10:00~18:00)
担当者:伊藤

MAIL

 
365日:24時間

映像制作での 「お悩み」「ご不明点」「ご相談」「お見積り」 は、お気軽にご連絡下さいませ。