用語集(は行)

は行

バーター
若手タレントを出演させるために、大物タレントとパッケージを組んで出演交渉をすることをいいます。
バーンドア
光を遮る目的で照明器具などに取り付けられている羽根状の板のことをいいます。
ハイアングルショット
被写体よりも高い位置から見下ろすように撮影を行った画のことをいいます。通常はクレーンなどを使用して撮影を行います。
ハイ・キー
はっきりとした明るい画のことをいい、全体的に白っぽいことが特徴です。
ハイスピードカメラ
人間の目では認識が出来ないような速い動きをする物体を撮影するときに使用をするカメラのことをいいます。
パイロット版
深夜や昼間の比較的視聴者が少ない時間帯で実験的な企画の番組を放送することや、試作版の映像のことをいいます。
ハウる
音が回り込んでハウリングを起こしてしまうことをいいます。
ハウリング
スピーカーから出た音をマイクが拾ってしまい、またスピーカーから出るという現象を繰り返し発振する現象のことをいいます。
バウンスライト
光が壁・レフ版などに当たり反射をした間接照明のことをいいます。
はける
物をどかしたり、被写体が画面の外に出ていくことをいいます。
バスト・ショット
頭から胸の上までの構図のことをいいます。
バックライト
被写体の後方から光を当てることで、被写体の立体感・質感をつくる手法のことをいいます。
場見る
舞台装置・出演者の立ち位置を把握するための目印のことをいいます。

ひき
広い映像を撮影するために、被写体からカメラの位置を遠ざけることをいいます。
ひずみ
機械類の限界以上に音声の音量が超えてしまった場合に聞きづらい音になることをいいます。
ひっかけ
季節に関係をするものを被写体の前に設置して表現撮影をすることをいいます。
ビデオオンリー
映像と音声のうち、映像のみを編集することをいいます。
ピン・スポット
円形に一部分を浮き出させるために光の輪郭をはっきりさせることです。

ブースト
高音・低音を増強することをいいます。
ブーミー
低音が過剰に多く、中高音が少ない状態をいいます。
フィックス
カメラを固定させて撮影をすることをいいます。
フィルムライブラリー
使い回しが出来る映像を集めたもののことをいいます。
プール取材
合同取材の別称です。
フォーマット
番組の形式や進行の方法が定められた形式であるものをいいます。
フォロー・ショット
フレームから動く被写体が切れないようにカメラ操作をすることをいいます。
ふかれ
マイクに人の息や風が当たり、ボソボソと音が出ることをいいます。
物撮り
被写体が人物以外の物を撮影することをいいます。
プランナー
CMや番組の企画を練る人のことをいいます。
フルショット
被写体の全体が撮影できることをいいます。
フルフィギュア
人物撮影をする時に足元から頭頂部までが写っている状態のことをいいます。
フレア
光がカメラの中に入射して、画面全体が白っぽくなってしまうことをいいます。
フレーミング
撮影をする時の構図を決める作業のことをいいます。
プレスキット
取材の参考資料として配布されるもとをいいます。
プレゼンス
臨場感や生々しさを表現する言葉になります。
ぶれる
画面が揺れることをいい、最近は手ブレなどの表現の仕方もされます。

ベースライト
照明を全体的に当てることをいいます。
ヘッドライン
映像の見出しのことをいいます。
別撮り
別の場所・時間に撮影をすることをいいます。
編集
撮影をした映像から必要な部分だけをまとめる作業のことをいいます。

放送事故
人為的もしくは機械的な問題で意図していた通りの正常な状態で放送が出来なかったことをいいます。
保険
撮影状況がベストでないときに、現状よりも悪くなる可能性があるので、とりあえず撮影をしておくことをいいます。
ボディダブル
顔などが出なく演者の判断がつかない場面で代役を使って撮影をすることをいいます。
ポン引き
カメラをアップの状態から速い速度でズームアウトをすることをいいます。

お問い合わせ

TEL

TEL:03-6712-7864
(平日:10:00~18:00)
担当者:伊藤

MAIL

 
365日:24時間

映像制作での 「お悩み」「ご不明点」「ご相談」「お見積り」 は、お気軽にご連絡下さいませ。