用語集(か行)

か行

解像度
映像や写真で使われる表現で、どれくらいの鮮明度があるのかを表すものです。
掻き落とし
カメラなどを再生するときに、フィルムを一コマずつ、再生・停止・送りを行う動きのことをいいます。
画素
画像や映像を構成する点のことをいい、この画素が集まると画となります。
かつぐ
カメラを手持ちで撮影することをいいます。
カット
撮影を開始して、止まるまでに撮れた画面のことをいいます。
カット尻
撮影をした映像の中で、編集などを行う際には使わない部分のことをいいます。
カットバック
複数の場所・時間などのシーンを交互に写しながら編集をする方法のことをいいます。
カット割り
映像や写真などのシーンをどのようなカットで構築するのかを決定することをいいます。
かぶる
撮影の時に、人や物などの被写体とカメラの間に余計なものが入って写ってしまうことをいいます。
または、録音をするときに不要な音が入り込んでしまうことをいいます。
ガバチョ
ガムテとも呼ばれますが、ガムテープの略称です。
カポック
発泡スチロール製の反射板のことをいいます。
上手(かみて)
撮影スタッフからみて右側のことで、カメラに向かって演技している出演者からは左側のことをいいます。
空舞台
登場人物がカメラにフレームインをする前の画面のことをいいます。
カメアシ
撮影助手のことをいい、カメラアシスタントの略称です。
がや
主役以外のその他大勢のことをいいます。
ガン
ガンマイクやバッテリーライトのことをいいます。
監督
撮影現場の表現に携わる作業を統括する人のことをいいます。
完パケ
全行程の撮影を終えて、音声の録音も全て終えている完成状態のテープのことをいいます。
カンペ
カンニングペーパーの略称で、撮影している最中に出演者に向けてセリフや指示を表現する紙のことをいいます。

消え物
撮影現場で使用して、撮影が終われば無くなるもののことで、食事で使用する食べ物や飲み物を指すことが多いです。
キープ
撮影をしてみた内容がOKかNGかの判断がつかない場合には、その映像をキープ(保留)して、次の場面を撮影することがあります。
脚色
物語の原作に話しを付け加えて修正をすることをいいます。
逆光
撮影をしている被写体の後ろに太陽があり、カメラに光が入ってしまうことをいいます。
キャッチライト
撮影の被写体の一部に光を集めることをいいます。
カメラテスト
カメラの具合を調べるためのリハーサルやテストをして確認する作業のことをいいます。
カメラ目線
演出者の目線がカメラに向いていることをいいます。
キュー
撮影を始めるときの合図やきっかけのことをいいます。
切り返し
例えば二人の演出者が会話をしているときに互いの顔を写すことをいいます。

空撮
ヘリコプターやセスナ、ドローンを使って空中から撮影をすることをいいます。
口パク
話していれように口を動かすことをいいます。
クランクアップ
撮影の全行程を全て終えることをいいます。
クランクイン
撮影の開始をすることをいいます。
クール
番組の放送期間の単位のことをいいます。
クローズアップ
被写体を接写して大写しにすることをいいます。
黒み
真っ黒な画面のことをいいます。

けつ合わせ
映画の最後などに合わせて音楽を合わせることなどをいいます。
けつかっちん
演出者が撮影現場を離れなければならない時間が決まっており、締め切りなどの意味合いでも使われます。
けられ
撮影画面の四隅に撮りたい映像以外のものが映り込むことをいいます。
ゲリラ
本来であれば撮影許可を取らなければならない

稿
ストーリーを変更した回数を表す単位のことをいいます。
梗概
大体の筋のことをいいます。
考査
撮影をした内容が放送基準に照らし合わせて問題があるかを確認する作業のことをいいます。
高速度撮影
標準以上の速さで撮影をすることをいいます。
越しショット
登場人物が向かい合っている場合に、一方の後ろからもう一方を撮影する方法のことをいいます。
齣撮り
1コマずつ撮影をする方法でアニメーションなどで使用されます。
コンテ
ストーリーを場面ごとにカット割りをしたもののことをいいます。

お問い合わせ

TEL

TEL:03-6712-7864
(平日:10:00~18:00)
担当者:伊藤

MAIL

 
365日:24時間

映像制作での 「お悩み」「ご不明点」「ご相談」「お見積り」 は、お気軽にご連絡下さいませ。