用語集(ら行)

ら行

ライティング
照明を被写体にあてるための技法のことをいいます。
ライブ
生演奏のことや、音の反響が多い状態のことをいいます。
ラウドネス・コントロール
人には認識しにくい高音と低音の周波数特性を調整することをいいます。
ラチチュード
照明で表現することが出来る範囲のことをいいます。
ラッシュ
取材などが終わった状態で、まったく編集がされていないテープのことをいいます。
ランニングテープ
使い回しのテープのことをいいます。

リアクション
反応や反響のことをいいます。
リアクションショット
被写体の人物の言動による周囲の反応を撮影することをいいます。
リアルタイム
生中継や生放送のことをいいます。
リサーチ
撮影前に必要な情報を集めることをいいます。
リップス・シンク
アフレコなどで、映像の中の登場人物の唇の動きとセリフが合うことをいいます。
リバースショット
最初に撮影をしていたポジションの反対側のポジションから撮影をすることをいいます。
リムライト
半逆光的な光の別称で、髪の毛のディティールや立体感を強調させるときに使います。
両天かける
晴れでも雨でも問題がないようにスケジュールを組むことをいいます。

ルーズショット
画面フレームと被写体の間に余裕を持たせる構図での撮影をいいます。
ルビ
漢字の上・わきに書かれている読み仮名のことをいいます。

レール
電車と同じようなレールの上に台車やクレーン乗せて移動させるときに使用します。
レクチャー
会社が報道関係に対して取材の内容・解説を行うことをいいます。
レビュー
映像の編集や収録が終了した際に、確認のためにチェックを行うことをいいます。
レフ板
太陽光やスポットライトの反射光を照明として利用するための道具のことをいいます。
レポーター
現場に出向き取材をした内容を伝える記者のことをいいます。

ローアングル
低い位置から被写体を見上げるように撮影する手法のことをいいます。
ローキー
画の中の大部分が暗くなり、一部だけ明るくなるようなコントラストを付ける照明手法のことをいいます。
ロケーション
撮影のために選ばれた場所で屋外を指すことが多いです。
ロケハン
ロケーション・ハンティングの略称で、ロケ場所の(地形・アングル調子・日照など)調査をすることをいいます。
露出
カメラレンズの絞りを通った光の量のことをいいます。
ロングショット
被写体が画の中で一番小さくなる構図のことをいいます。

お問い合わせ

TEL

TEL:03-6712-7864
(平日:10:00~18:00)
担当者:伊藤

MAIL

 
365日:24時間

映像制作での 「お悩み」「ご不明点」「ご相談」「お見積り」 は、お気軽にご連絡下さいませ。