用語集(た行)

た行

タイアップ
歌手や曲と映画・テレビ番組・CMなどと組ませてプロモーションをする方法です。
ヒットになりやすい代わりには、著作権管理の一部または全てを組んだタイアップ先に委譲することが多いです。
タイトショット
画面フレームに空白がないように被写体を映すカメラショットのことをいいます。
立ち上がり
無音の状態から最高レベルの音量に鋭く達するタイミングをいいます。
ダメだし
台本の内容・音響・演技・舞台装置などをリハーサルの段階で確認をして修正をする作業のことをいいます。
タリー
カメラに搭載されている赤色のランプのことで、撮影現場のように複数のカメラを使用する場合には、タリーランプが点灯しているカメラが使用されていることが判断できます。
だれる
撮影をした映像が間延びなどをして退屈することをいいます。
殺陣
立ち回り演技のことをいいます。

チャン
チャンネルの略称で、音声トラックを示す時に使うことが多いです。
使われ方は1チャン・2チャンといいます。
中継局
TV局から発信した電波を中継するための場所のことをいいます。
ちょい役
物語の中でちょっとした形での出演をする役のことをいいます。

ツーショット
2人で並んで撮影されている画面のことをいいます。
使い回し
一度使用したことがある素材・道具・装置などを他の状況でも使用することをいいます。
つくりもの
岩・木・生き物のような重たいものや入手することが難しいものに似せて本物のように作った物のことをいいます。

テイク・テーク
1つのカットに対して、1回分の撮影をすることをいいます。
定時
番組が延長をせずに予定通り終わることをいいます。
定番ショット
よく撮影をされる建物や風景を撮影するときに、最もよく撮られるアングルのことをいいます。
ティルト・ティル
照明の光源やカメラのアングルを縦方向に動かすことをいいます。
てかり
被写体の顔の脂うきや、反射した強い光のことをいいます。
手タレ
手のアップの撮影をすることを専門としたタレントのことをいいます。
撤収
撮影のロケやセットを片づけて撮影終了を意味します。
手ぶれ
手持ち撮影をしたときに、揺れてしまうことです。

同ポジ
同じポジションから撮影をすることや、同じ編集点のことをいいます。
通し稽古
本番同様に進行をしつつ、最終段階の稽古のことをいいます。
ドキュメンタリー
作り物の物語に対して、事実を撮影して制作する番組のことです。
ドタキャン
取材や番組などが白紙になることをいいます。
撮って出し
撮影をした作品を編集せずに放送をすることをいいます。
トップライト
被写体の真上からライトを当てることをいいます。
とぶ
露出オーバーで白くなることをいいます。
トラ
エキストラ出演の略称のことをいいます。
取り
番組の最後を飾る役割のことをいいます。

お問い合わせ

TEL

TEL:03-6712-7864
(平日:10:00~18:00)
担当者:伊藤

MAIL

 
365日:24時間

映像制作での 「お悩み」「ご不明点」「ご相談」「お見積り」 は、お気軽にご連絡下さいませ。